女性

ほくろ除去で病気治療にもなる~コンプレックスシャットアウト~

ほくろを減らせる

美容整形

ほくろ除去は皮膚科や美容整形を行っているクリニックなどでできます。レーザーや皮膚を切除するなどの治療法があります。炭酸ガスレーザーを使うこともあります。クリニックによって治療法が違うことがあるので、調べてみてください。

View Detail

ほくろは除去できます

顔のチェック

ほくろのメカニズム

ほくろは正しくは色素性母斑といい皮膚のどの場所にもできるものです。ほくろができる原因は体内のホルモンや紫外線の影響により皮膚にあるメラノサイトが黒く色素沈着を起こすからだと考えられています。ほくろは生まれたばかりの赤ちゃんの肌にもすでにあり、年齢を重ねて成長するごとに少しずつ大きくなり目立つようになってきます。色や大きさは人によってそれぞれにより異なりますが、おおくの場合では2mmから5mm程度となっています。まれに1cm以上の大きさになるものもありますがその様な場合はほくろではなくシミとして区別しています。ほくろの数が多い場合には健康に問題が無いか気にする人もいますが、メラノーマなど一部の悪性疾患の場合を除けば特に健康上の問題はありません。しかし数があまりにも多い場合や形が大きい場合には審美上の理由からコンプレックスの要因となってしまいます。美容整形外科や皮膚科へのほくろに関する相談件数は性別や年齢を問わず年々増加する傾向にあり、ほくろにコンプレックスを感じている人が非常に多いことを裏付けています。健康上とくに問題があるわけではないのでほくろを取る必要はありませんが、ほくろにコンプレックスがあり社会生活に支障をきたすようであればほくろ除去の手術をおこなうことを検討する必要があります。ほくろ除去は皮膚科や美容整形外科でおこなっています。ほくろにコンプレックスを感じている方やほくろ除去に関心のある方は皮膚科や美容整形外科で相談してみるとよいでしょう。

手術法を検討

皮膚科や美容整形外科ではほくろ除去に際して診察をおこなっています。診察ではダーモスコピーと呼ばれる顕微鏡のような機器を用いてほくろが良性のものか悪性のものかを判断しその後の処置を決定します。ほくろ除去の手術では主にメスを使用して患部をくり抜く切開法と医療用炭酸ガスレーザーを使用してほくろを焼き取るレーザー治療に分けることができます。それぞれの治療方法にはメリットとデメリットがあるので治療法を決める際は医師と十分に話し合い治療内容を理解したうえで手術の方法を決めるようにしましょう。切開法による手術のメリットは傷口が目立ちにくく仕上がりが綺麗な点です。そのため顔などデリケートな部分の治療に向いていますがメスを使用するため恐怖感が強い点がデメリットとなっています。また切開法による手術では基本的に1日でほくろ除去が終了する点も魅力です。手術が短時間で済むことから仕事などで時間を確保することが難しい人でも利用しやすい手術法となっています。レーザー治療では医療用レーザーでほくろを焼き取ることによりほくろ除去をおこないいます。痛みも少なく切開法に比べて恐怖感をほとんど感じない点がレーザー治療のメリットとなっています。ただ切開法に比べるとほくろの再発率が高い点がデメリットです。いずれの場合でもほくろ除去後は定期的に検査のため通院する必要があります。通院後はしだいに傷跡がふさがり時間とともに目立たないようになります。ほくろの除去を検討している方は以上のような点を踏まえ皮膚科や美容整形外科で相談するようにしましょう。

気になるほくろは除去

顔の整形

ほくろ除去の方法は大きく分けて3つあります。レーザー、炭酸ガスレーザー、切除です。ほくろの状況によって治療法は変わります。美容整形外科であれば、無料カウンセリングがあるので、それを利用して治療するかしないかを決めませんか。

View Detail

コンプレックスを解消する

鏡を見る女性

ほくろ除去は整形によって行うことができます。通常、レーザー照射によって行われますが、クリニックによってはメスを使うこともあります。いずれにしても、自身が納得し、安全で安心できる方法を選択することが重要です。

View Detail